消防士 職業から探す

婚活で消防士と出会うためには?消防士との出会いが欲しい女性へ

消防士は女性から結婚相手としてとても人気のある職業の1つです。

ただ消防士との出会いを探すのはとても大変ですし、どう探したら見つかるのか悩んでしまいます。

しかし消防士と出会う方法には様々なものがあり、消防士と結婚していった女性がたくさんいるのも事実です。

そこで今回は消防士との出会いを見つけるおすすめの方法についてまとめてみました。

特に公務員に絞り込んで検索できるマッチングアプリはおすすめです。マッチングアプリなら無料で消防士を探すことが可能ですので、まずはどんな消防士がいるのか顔写真とプロフィールをチェックしてみるようおすすめします。

マッチングアプリに無料会員登録して消防士を探す方はこちら

この記事を書いたマッチングアプリ専門家

中条あやみ

マッチングアプリの中の人を5年間経験し、あなたの婚活を応援する「スタートハント」を運営している婚活のプロ。マッチングアプリ運営の経験を元に婚活ユーザーとしても活動。雑誌「anan」他、多数に掲載された経験あり。スタートハントに掲載されているアプリで結婚させた人数は100人を超える。

消防士との出会いを求めている婚活女性は多い


photo credit: Gianluca Prioli Italian Fire Service Iveco Magirus Eurofire Stralis AT400 via photopin (license)

「消防士と結婚したい!」

消防士との出会いを希望している女性は多いものの、消防士と出会う機会がほとんどないと悩んでいる女性も多いです。

消防士は基本的に消防署にはたくさんいますので、常に近くにはいます。しかし消防士の知り合いでもいない限りは消防士とお話することすら難しいです。

今回は消防士と出会うためにどうしたらよいのかをまとめていますが、本気で消防士と出会って結婚したい人向けにまとめていますので、消防士と遊びたい人や消防士と会ってみたいだけの人にはあまり向いていない方法です。

消防士は本気で出会おうと思ったら出会うことは難しくありません。ただその機会を知らないだけで消防士との結婚を諦めてしまう女性も珍しくないです。

消防士は出会い方さえ分かっていれば出会えますので、あなたも理想の消防士を見つけるために婚活を始めてみることをおすすめします。

 

消防士の結婚は早い?

消防士は結婚が早いと言われています。

消防士は早い人で高校を卒業してすぐに消防士として働き始めますので、世間一般の大卒がサラリーマンとして入社する頃には、消防士になって5年目です。そのため結婚を意識し始めている消防士がたくさんいます。

しかし消防士は男性だらけの職場ということもあってか、なかなか結婚相手が見つからないことで悩んでいる消防士は多いです。

また消防士は仲間と一緒に困難に立ち向かう職業のため、仲間意識が強くなっています。同僚が結婚すると、それに流されて「自分も結婚したい」と思う消防士は少なくないため、晩婚化とも呼ばれるこの時代でも、早めに婚活をしだす人が多いです。

 

消防士と結婚するとどうなる?


photo credit: chidorian Fire Department via photopin (license)

「消防士と結婚したい!」と思う女性は多いですが、消防士と結婚した後にどんな生活が待っているのか知らない人もいるのではないでしょうか?

いざ消防士と結婚しても、消防士の仕事についてよく知っておかなければ、すれ違ってしまうこともあります。また男性は自分の仕事を理解してくれる女性に対しては好感度が高いため、前もって消防士はどんな仕事なのか知っておくと良いでしょう。

 

消防士は育児・家事に協力的

消防士は24時間勤務もありますので、不規則な生活を送っている消防士も多いです。しかし24時間シフトで働いている消防士は1日おきか2日おきに家で過ごしています。

そのため結婚後は育児や家事に協力的である消防士が多いです。

 

公務員ならではの安定した給料

消防士は公務員ですので給料が安定していることでも人気があります。消防士の平均年収は意外と高く、30代で約600万円、40代になると約720万円が相場です。

休みが多い上に給料も安定してもらえますので、朝早くから夜遅くまで働いているサラリーマンに比べると、結婚後も一緒に過ごせる時間が多いことは間違いありません。

 

消防士は意外と身の危険がないため安心

消防士は火事や災害を相手にして働いているため、万が一「大きな怪我をしてしまったら...」と考えてしまいます。

しかし消防士の殉職者は1年に1~5人ほどしかいません。

約16万人もいますのでそんな頻繁に命を絶ってしまうことはありませんので安心です。

消防士は火事が起きていない時に訓練をしっかり行っていますので、火事や災害に対する自分の身の守り方は心得ています。将来は毎日安全を信じて送り出してあげましょう。

 

消防士と出会える4つの方法

消防士と結婚するためには、まず消防士と出会う必要があります。消防士も結婚を希望している人が多いため、探しに行けば必ず見つかるはずです。

  • 消防署に行く
  • 合コン
  • 友達の紹介
  • マッチングアプリ(婚活サイト)

消防士と出会える4つの方法をまとめてみました。

 

消防署に行く


photo credit: hetgallery DSC_0219 via photopin (license)

消防士は消防署に必ずいます。そのため消防署に行けば、必ず消防士さんと出会うことは可能です。

消防署にもよりますが、消防署見学を常時受け付けている消防署もありますので、見学という名目で足を運んでみるのも良いでしょう。

と言っても、主に見学するのは消防士に興味のある子どもです。女性1人や女性複数人で行くと、変な目で見られてしまいます。

もし親戚や知り合いに小さい子どもがいるのでしたら、預けて貰った機会に消防署の見学に行ってみてはいかがでしょうか?

行く際は事前に連絡したほうが良いものの、事前連絡なしでも受け付けているところもあります。

よく子連れで消防署の前を歩いていて、子どもとお母さんが立ち止まって消防車を見ていることがありますが、その際に声をかけられて消防署見学をさせてくれるところも多いです。

基本的に消防署見学で案内してくれる消防士さんは若手の方ですので、もしかするとお相手がいない消防士かもしれません。

 

しかし知り合いから子どもを預かるタイミングがないと難しい出会い方です。わざわざ「子どもを消防署に連れてってあげるよ」と自分から言うのも不自然極まります。

この方法は子どもを預かる機会があることや子どもが消防署に興味を持っていることの2つの条件が重なる人にしかできない方法です。

機会がある人は消防署に行って、相手を探してみるのも良いかもしれません。

 

合コン

消防士は男性しかいない職場ですので、合コンがよく開かれています。合コン相手は主に看護師や保育士が多いです。

お互いに同性ばかりの職場に勤めているため、声をかけやすいのでしょう。

もし知り合いに消防士がいたり、保育士や看護師の友達がいたりする場合は、そこから合コンにこぎつけることができます。

消防士も基本的に女性との出会いを求めている人が多いため、知り合いを見つければすぐに出会うチャンスはやってくるはずです。

 

友だちの紹介

消防士はとても仲間意識が強いため、既に相手がいる消防士は未婚の消防士に出会いの場を積極的に与えています。

もしあなたの友達が消防士で既に相手がいる場合でも、その友達に頼めば、多くの消防士を紹介してくれやすいです。

これはサラリーマンなどの他の職業ではなかなかできないことですので、相手が消防士ならではの効果的な出会い方と言えます。

 

マッチングアプリ(婚活サイト)

最近はインターネットで婚活をしている人が多いことをご存知でしょうか?

最近ではマッチングアプリとも呼ばれています。

昔はインターネット上で知り合った人と出会うと言えば、危険しかない雰囲気がありました。しかし今では大企業がマッチングアプリを運営していることもあり、マッチングアプリで消防士と出会って結婚する人もいます

消防士も出会いがないため、マッチングアプリを使って、結婚相手を探している人が多いです。

 

消防士との出会いでマッチングアプリが選ばれる理由

消防士に出会う方法はたくさんありますが、中でも一番のおすすめはマッチングアプリです。

【マッチングアプリのメリット】
・結婚を希望している消防士に絞って探すことができる
・いつでもどこでも消防士を探すことができる
・リーズナブルな値段で消防士と出会える

例えば合コンだと参加している消防士の全員が結婚を考えているとは限りません。消防士は遊び人も多いため、遊び目的で合コンに行く人もいます。

また消防署に見学に行ったとしても、一度行くだけでは出会える消防士は一人だけですし、その消防士に特別な相手がいないとは限りません。

しかしマッチングアプリは会員の全員が結婚を希望していますので、消防士がいるマッチングアプリを利用すれば、簡単に結婚できる消防士が見つかります。

さらにマッチングアプリはスマホさえあればいつでも利用できますので、わざわざ時間を作らなくても、真面目な出会いを求めている消防士を探すことが可能です。朝出勤する前のちょっとした時間や、寄る寝る前に5分程度の利用でも消防士を探すことができます。

時間に縛られずに結婚できる消防士を探せるのはマッチングアプリ(婚活サイト)のみです。

最後にマッチングアプリは料金もかなり安く、月額3,000円程度しかかかりません。これは合コン1回分くらいの料金です。合コンに1回行くのか、1ヶ月マッチングアプリで消防士を何人も探すのかであれば、後者のほうが出会いやすいのは確実でしょう。

結婚できる消防士を探せる最も適した方法はマッチングアプリです。

 

消防士との出会いがあるマッチングアプリ(婚活サイト)のおすすめランキング

1位 マッチドットコム

マッチドットコムは1995年にスタートしたマッチングアプリです。利用者数の多さでギネス認定されており、マッチングアプリ業界の中でも最大手です。

さらにマッチドットコムの大きな強みはスピーディーな出会いです。マッチドットコムの60%はメール交換し始めて1か月以内に交際しています。

またマッチングアプリの中でも真剣度の高い利用者が多いため、結婚を目的に公務員と出会いたい人におすすめです。

無料会員でも公務員のプロフィールを見ることは可能です。まずは試しに無料会員から利用してみることをおすすめします。

マッチドットコムの無料会員登録はこちら

 

2位 ペアーズ

ペアーズは累計会員数が1,000万を超えており、最大級の会員数を誇る恋愛・婚活マッチングサービスです。

20代後半~30代の会員がメインで利用しており、結婚を意識しだす年齢層の消防士が多いマッチングアプリとなっています。

ペアーズは会員数が多いだけでなく、コミュニティの数も多く、約100,000を超えるほどです。約30,000ものコミュニティがあれば、あなたと同じ趣味を持った消防士の男性を見つけることも難しくありません。

ちなみにペアーズは女性なら完全無料で利用できます。

男性消防士との出会いを見つけたい女性にはペアーズがおすすめです。

ペアーズの無料会員登録はこちら

 

3位 with

withはFacebookのアカウントを利用して登録することができる恋愛・婚活マッチングサービスです。

ゼクシィ縁結びは「数年以内に結婚したい」消防士が集まっていますが、withは「ゆくゆくは結婚できそうな人と出会いたい」という利用者が多い特徴があります。

withは主な年齢層が20代ですので「今すぐに結婚は早い」と思っている方が多いのです。

ただwithは女性なら完全無料ですべての機能を使えますので、ゼクシィ縁結びをメインに利用し、withをサブ婚活用に使うこともできます。

ゼクシィ縁結びにいる消防士とwithにいる消防士は被りません。そのため2つのマッチングアプリを使うことでより多くの消防士を見つけることができます。

女性なら料金は一切かかりませんし、必要なことと言えば年齢確認だけです。年齢確認も3分あれば終わります。

ゼクシィ縁結びにはいない消防士と出会える可能性がありますので、試しに探してみてください。

withの無料会員登録はこちら

 

4位 ブライダルネット

ブライダルネットは2000年からずっと婚活に携わっている実績のあるマッチングアプリです。

一般的なマッチングアプリは相手を探して結婚するまで一人で行いますが、ブライダルネットはコンシェルジュがついており、婚活について分からないことがあれば、いつでも質問することができます。

婚活を一人でするには心細いという方にはおすすめなマッチングアプリです。

ブライダルネットの無料会員登録はこちら

 

マッチングアプリのマッチドットコムで消防士と出会うためには?

マッチングアプリは消防士を見つけることができても、アプローチの仕方やメッセージのやり取りが上手くいかなければ、成婚は難しいです。

そこで今回はマッチドットコムで消防士と出会える方法についてまとめてみました。

 

写真は掲載する

マッチングアプリの中には写真掲載率が低いサービスも有るのですが、マッチドットコムは写真掲載率が高いため、顔の見えない相手とやり取りすることはありません。

さらに顔がはっきり写っている写真が多く、物で隠す人は少数派です。

そこでもしあなたが写真を載せていなければ、相手の消防士からは見向きもされません。写真がある人とない人であれば、写真ありの方が好感度は高いです。

さらに写真は複数登録できますので、顔写真以外にも何か趣味の写真でも撮っておくと良いでしょう。

 

消防士の心に刺さるプロフィールの書き方

マッチドットコムで消防士の男性とメッセージのやりとりをするためには、あなたのプロフィールを見てもらって、相手の消防士に気に入ってもらわなければなりません。

マッチングアプリでは、このプロフィールの出来具合ですべてが決まります。プロフィールで消防士の男性が好む女性像をしっかりアピールすることができれば、消防士男性からアプローチが来る可能性はグッと高くなるはずです。

もちろん嘘を書いてはいけませんが、そのような気持ちがあるのであれば、ぜひアピールしていくべきでしょう。

 

相手の仕事を尊重するアピール

消防士は緊急事態が発生すれば、休日でも急な呼び出しがかかってしまうこともあります。さらに24時間勤務などの不規則な勤務帯もありますので、休みが不定期であったり、家を開けたりする日が出てくるのです。

なかなか2人の時間を簡単に作ることができませんし、消防士の男性もそれを気にしています

そこであなたが「お互いの仕事を尊重し合える仲になりたいです。」とでも書いておくと、消防士の目に止まりやすいです。

 

家庭を大事にしたいアピール

消防士は前述したように、家を留守にすることも多いので、家庭を守ってくれる女性を好む傾向にあります。そのため消防士の奥さんは専業主婦になることが多いです。

しかし「専業主婦になりたいです!」とプロフィールに書くと「働きたくないから結婚する女」と思われてしまいます。

「料理が趣味なので、喜んで食べてくれる男性が好みです」などと書いておくとよいでしょう。

消防士は休みが不規則な分、共働きだとスケジュールを合わせづらく、結婚生活もすれ違ってしまうかもしれません。あなたの家庭的な部分をアピールして専業主婦になる覚悟はしておいたほうが良いでしょう。

 

一緒に子育てアピール

消防士の男性は平日なども家にいることが多いので、家事や育児を積極的に手伝ってくれる男性が多いです。

消防士も毎年定期的に消防署見学にくる子どもたちと触れ合う機会は多く、子ども好きが多い傾向にあります。

そのため育児にも積極的に参加したいと思っている男性は多いので、一緒に子育てを頑張りたいことをプロフィールで伝えてあげると効果的です。

「夫婦で力を合わせて、子育てにも取り組んでいけたら良いなと思います。」などと書いておくと良いでしょう。

 

マッチングアプリは無料会員から始められる婚活

マッチドットコムなら消防士との出会いを見つけられます。

まずは無料会員に登録して、消防士の男性を探してみたらいかがでしょうか?

「マッチドットコムでは60%がメール交際を始めてから1か月以内に交際開始!」というキャッチフレーズもあり、出会える実績は高くなっています。

まずは試しに無料会員登録してどんな消防士の男性がいるのか、チェックしてみるのがおすすめです。

マッチドットコムの無料会員登録はこちら

 

他の職業を探すならこちらの記事もどうぞ

スタートハントでは他の職業の異性をお探しの方向けに出会う方法についてまとめています。

お探しの職業の異性と出会いたい方は「職業名」をクリックして記事を参考にしてみてください。

 

消防士と出会う方法や消防士との婚活方法を探せる「スタートハント」をご覧のあなたに朗報です。
消防士と出会うためには、婚活サイトや婚活パーティ(お見合いパーティ)や自治体の婚活イベント・婚活バスツアーを見つけることができます。
実は消防士の方はマッチングアプリやマッチングアプリを使って交際相手を探している人が多いです。
マッチングアプリなら仕事の合間にでも婚活や恋人探しをする事が可能な為、出会いを探している人が多いです。
婚活サイトを利用する方消防士の方は20代(アラサー)や30代(アラフォー)の利用が一番多いです。またシングルマザーやバツイチの方でも婚活サイトを利用して消防士と再婚している事例もあります。また価値観に合った出会いを探せるので、自分がオタクレベルの趣味を持っていることが長所になり、ネットでも出会いのきっかけを見つけることが可能です。
ネットやアプリを使った出会いが不安のあなたでもスタートハントで紹介している真面目で安心・安全な婚活サイトを利用することで運命の人と出会い、そして結婚への可能性が高まりますので、良い人と出会えるようにぜひスタートハントを活用してください。

この記事が気に入ったらフォローしよう

公式Twitterでは、人気記事の紹介、記事ネタの募集、出会いの相談まで承っています。ぜひフォローしてくださいね。

-消防士, 職業から探す

Copyright© マッチングアプリを探すなら「スタートハント」 , 2021 All Rights Reserved.