華の会メールBridal

華の会メールBridalにサクラはいるの?安心・安全に使えるの?

出会い系サイトはサクラが多いので、まともな出会いができるのか心配だと考えている人はたくさんいます。

 

しかし実際にはサクラが多いと思い込んでいるだけで、利用してみたらサクラはいなかったケースもたくさんあるのです。

 

中高年向け出会い系サイトの華の会メールBridalを利用しようと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

華の会メールBridalにそもそもサクラはいるのか、どんなことに気を付ければ良いのかをわかりやすくまとめています。

この記事を書いたマッチングアプリ専門家

中条あやみ

マッチングアプリの中の人を5年間経験し、あなたの婚活を応援する「スタートハント」を運営している婚活のプロ。マッチングアプリ運営の経験を元に婚活ユーザーとしても活動。雑誌「anan」他、多数に掲載された経験あり。スタートハントに掲載されているアプリで結婚させた人数は100人を超える。

華の会メールBridalにサクラはいるの?

華の会メールBridalは、創業から21年の実績を持ったサービスです。30歳から75歳の独身が対象のピンポイントな客層に絞ったサービスですが、その条件で20年以上も続いていることは、それだけで大きな安心感につながります。

 

そこで気になってくるのがサクラの存在です。結論から言いますと華の会メールBridalにサクラはいません

 

利用層が限られているサービスなのですから、会員数を水増しのためにサクラを雇っているのではないかと心配する人は少なくありません。しかし華の会メールBridalにはサクラがいないので安心してください。

 

華の会メールBridalにサクラがいない理由

華の会メールBridalは、インターネット異性紹介事業届出済のサービスです。しっかりと認可を得て営業をしている以上、サクラを雇うなどリスクのある運営はしていません

 

そもそもサクラに頼るサービスが、これだけ長く続けられるはずもないのです。

 

どれだけ上手くやったとしても、サクラがいるかどうかはバレます。それは実際にやりとりをしている中で生じる違和感や、ユーザー同士でのトラブルなどからわかってしまうのです。

 

そしてサクラがいると判明すると、サービスとしての信用度は地に落ちてしまいます。そのためサクラを雇うようなサービスは短命で、同じ運営が名前を変えて再出発をすることが多いのです。このような事情もあるため、長期にわたってサービスを提供しているところは、それだけである程度の信頼感があります。

 

サクラはいないものの業者とキャッシュバッカ—には注意

華の会メールBridalはサクラがいないことで高い評判のサービスですが、それでも全くトラブルが起こらないわけではありません。ここで気をつけたいのは、業者とキャッシュバッカーの存在です。

 

出会い系を利用することで会った相手にものを売りつけたりサービスの加入を促したりするのが業者です。最初はそんなそぶりを全く見せていなかったのに、会話の端々にお金に関する話題が出てきたら要注意です。ビジネスの話や、時には宗教の話などが出てきたらやりとりを避けるようにしてください

 

もうひとつ注意をしたいのがキャッシュバッカーです。これはポイント消費型の出会い系サービスにいるタイプで、ポイントを使わせることで得られるキャッシュバックで小遣い稼ぎをしている人のことです。

 

会話をするだけでキャッシュバックができるなら、実際に会うつもりはなくても色々な人と会話をしているだけで小遣い稼ぎができてしまいます。しかもこれは業者ではなく一般ユーザーなので、運営側が何か制限をかけることもできません。

 

そのため、華の会メールBridalで会話をしている中で違和感を覚えることがあれば、業者かキャッシュバッカーなのではないかと気づけるようにしておきましょう。

 

サクラ(業者)を見分ける3つのポイント

ここではサクラ(業者)やキャッシュバッカーを見分けるポイントについて紹介をしていきます。

 

3つすべての条件を満たしているなら、クロだと思っても良いくらいです。

ただし慣れている人だと、業者っぽいところやキャッシュバッカーっぽいところを隠して上手く会話をしています。

 

そうなると気づく側もある程度の慣れが必要になりますが、まずは基本を押さえるところから始めてください。注意してみればだいたい不正ユーザーを見抜くことができるようになります。

 

出会う気がなくメールのやりとりを続けたがる

無意味にメールのやりとりを続けたがるのは、業者ではなくキャッシュバッカーによくあります。

 

普通に出会い系サービスを利用している人の場合、その相手に興味があるなら積極的に色々な会話をしようとしますが、興味がなければ会話を打ち切ります。

 

しかし興味があるのかないのかいまいちわからない状態で、それでもメールのやりとりを続けたがる人もいるのです。

 

会話をすればするだけキャッシュバックができるので、これはキャッシュバッカーの特徴になるわけです。

 

最小限の返事しかせず、それでいて一方的に打ち切ろうとせず反応が返ってくる人の場合、キャッシュバッカーの可能性が高いです。

 

最初は反応が薄くても何度かやりとりをしていく中で興味を示してくる人もいますが、あまりにも淡泊な反応が続いたり無駄に会話を引き延ばそうとしたりする人がいたら注意をしてください。

 

積極的すぎるアプローチ

自分に対して積極的にアプローチをしてくる人がいたらうれしくなりますが、それも度を過ぎると怪しく見えてきます。

 

冷静な人ならむしろ少しくらい距離をとってくれないと「本当に大丈夫なのだろうか」と不安を覚えるくらいです。

 

しかし出会い系を利用している時だと、積極的にアプローチをしてくる相手がいたらうれしくなり、冷静な判断力が失われてしまう人も多いのです。なかなかチャンスがない時ならなおさらですが、業者はそういう心理状態を狙ってきます。

 

積極的にアプローチを受けて実際に会ってみようと決断したけど、そこで待っていたのはネットビジネスなどの勧誘だったケースはたくさんあります

 

さすがにそこまで行けば頭も冷えますが、それでも正しい判断ができずにトラブルが起きている例は多いので気をつけてください。

 

URLを送ってくる

メッセージのやりとりをしている中でURLを送ってくる相手は、たいていが業者です。そのURLを開くだけで色々なトラブルに発展する可能性があるので気をつけてください。

 

たとえば詐欺広告やフィッシング詐欺などのサイトに飛ばされてしまい、言われるままに個人情報やクレジットカード情報を登録してしまう人もいます。

 

華の会メールBridalの場合、高齢であまりこのようなことに慣れていない人も多いので、URLをクリックしたことからトラブルに発生する可能性は十分にあります

 

業者(サクラ)側もそれを狙っているので、よくわからないURLを出されてもクリックせず、むしろそのようなメッセージを送ってくる相手とのやりとりはきっぱり止める方が安全です。

 

華の会メールBridalにサクラはいないが無料会員から始めてみるべき?

サービス自体にサクラはいなくても、それに近い相手やもっと悪質な相手が見つかることが出会い系サービスの問題です。

 

華の会メールBridalは、男女ともに無料で利用できます。サクラもいないので、どんなサービスなのかを見てみる分には損をしません。

 

問題なのは業者(サクラ)やキャッシュバッカーなので、まずはその手のトラブルを避けられるように、冷静な考えで試してみてください。

 

華の会メールBridalは男女ともに無料で利用できるサービスなので、まずはその状態で様子を見て、お金を使うサービスは慎重に始めていきましょう。サービス自体は長い歴史を持つしっかりとしたものなので、後は使う本人が気をつけていればトラブルは避けられます。

 

もし華の会メールBridalよりもセキュリティの高いマッチングアプリで安心安全に出会いを探したいのであればマッチドットコムがおすすめです。

マッチドットコムは、婚活マッチングアプリの中でもの認知度が高いため、現在多くの会員に利用されています。会員数がギネス記録を持っているほどです。

 

利用率No.1のマッチングアプリなのですが、安心安全に出会える実績があるからこそ、高い利用率を誇っています。

 

またマッチドットコムでは60%がメール交換して1か月以内で恋人ができるなど、出会える実績も高くなっています。

 

メールアドレスがあれば、3分程度で無料会員登録が可能です。無料会員でも異性のプロフィールをチェックできますので、まずは無料会員でどんな異性がいるのか確認してみることをおすすめします。

 

マッチドットコムの無料会員登録はこちら

この記事が気に入ったらフォローしよう

公式Twitterでは、人気記事の紹介、記事ネタの募集、出会いの相談まで承っています。ぜひフォローしてくださいね。

-華の会メールBridal

Copyright© マッチングアプリを探すなら「スタートハント」 , 2020 All Rights Reserved.