看護師

あの看護師の年収はいくら?学歴や住まいで年収を見分けられる?

資格職の中でも、安定して高い給料をもらえる看護師。

ただいったいどれくらいの年収があるのか気になりますよね。

そこで今回は看護師の平均年収についてまとめてみました。

一言で看護師といっても、資格の種類や勤め先によって年収は変わってきます。

身近にいる看護師がいったいどれぐらいの給料をもらっているのか気になる方は読んでみてください。

この記事を書いたマッチングアプリ専門家

中条あやみ

マッチングアプリの中の人を5年間経験し、あなたの婚活を応援する「スタートハント」を運営している婚活のプロ。マッチングアプリ運営の経験を元に婚活ユーザーとしても活動。雑誌「anan」他、多数に掲載された経験あり。スタートハントに掲載されているアプリで結婚させた人数は100人を超える。

この記事を書いたマッチングアプリ専門家

中条あやみ

マッチングアプリの中の人を5年間経験し、あなたの婚活を応援する「スタートハント」を運営している婚活のプロ。マッチングアプリ運営の経験を元に婚活ユーザーとしても活動。雑誌「anan」他、多数に掲載された経験あり。スタートハントに掲載されているアプリで結婚させた人数は100人を超える。

看護師の平均年収は450~550万円!

平成29年度の人事院統計書や賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収は450~550万円でした。

統計によって50万ぐらい平均年収が変わるので、だいたい450~550万円ほどだと考えてもらうとよいです。

 

日本人の平均年収は410万円程度ですので、やはり看護師は一般より高い給料をもらっていると言えます。

 

ただ看護師は20代働き始めの年収が高いため、もっともらえるイメージがあるものの、年齢に対する伸び率が高くありません。

それでも日本人の平均年収は超えているので、女性がメインの職の中では高い年収です。

 

看護師は大卒でも専門卒でも年収は変わらない

一般的には高い学歴の方が年収は高い傾向にありますが、看護師の場合は専門学校卒と大学卒で年収はあまり変わりません。

 

というのも看護師は高校を卒業して、専門学校か大学のどちらかに進めば同じ看護師の資格を取れるからです。

もちろん大卒の方が初任給は高い傾向にあるものの、大卒はその分働き始めるのが遅いということもあり、同年齢であれば基本給はあまり変わらない状況になります。

 

ただ学校によって資格の取得率は多少なりとも変わってきますので、看護師へのなりやすさは変わってきますが、自分の努力次第でどうにかなるので、あまり学歴を気にしすぎる必要はありません。

 

看護師の年収に違いが出る2つのポイント

看護師の年収は学歴によって変化があるわけではありませんが、同じ看護師でも資格の種類勤め先の病院によって年収に違いは出てきます

 

身近にいる看護師のおおよその年収を知りたいときは、この2つのポイントをもとに判断可能です。

 

看護師資格の種類

看護師の資格には「正看護師」「准看護師」の2つがあります。

 

どちらの資格を持ってても仕事内容はあまり変わらないのですが、正看護師の方が高い年収をもらう傾向が強いです。

 

簡単に言うと、正看護師は管理職まで上がれる資格なので、年収が高くなります。

正看護師であれば、部長や師長、主任へと昇任できますので、そこまで昇れば年収は高くなるのです。

 

40代50代だと准看護師で働いているナースも少なくありませんが、最近だと大学へ進学する人が多いため、20代~30代のほとんどの看護師は正看護師になっている傾向にあります。

 

大学病院は年収が高い?勤め先の病院で変わる

看護師の年収は勤め先の病院によって大きく変わります

 

看護師の勤め先というと、大きく4つに分けられますが、一番年収が高いのは訪問看護や病院勤務です。

 

  • 訪問看護
  • 病院勤務
  • 一般企業
  • クリニック

 

看護師というと病院勤務をしているイメージが強いですが、訪問看護といって、1日5~6件ほどの患者を回る勤務体系のものや一般企業の老人ホームで働く看護師もいます。

 

一般企業の老人ホームなどは介護士がメインで仕事してくれたりなどするので、仕事量が少ないぶん、給与は比較的低めになる傾向です。

クリニックは規模が小さいぶん、看護師の中でも一番給料が低い傾向にありますが、例外として美容整形クリニックであれば年収500万を超えることもあります。

 

また病院勤務は年収が高いといっても、国公立なのかどうかでも変わってくるので一概に年収が高いとは言えません。

国公立の病院勤務は比較的高い傾向にありますが、あまり儲かっていない私立の病院だと、激務の割に給料が低いということもあります。

私立病院だと本当に差が激しく、病院によっては40代と20代でも、年収がほとんど変わらないこともあるぐらいです。

 

だいたい「病院の名前 給料」と調べれば、年収に関する口コミがあることもあるので、気になる方はチェックしてみるとよいでしょう。

 

年収が上がるかどうかは役職や資格で変わる

看護師の年収は年齢を重ねるとともに上がっていく傾向にあるのですが、年齢というよりも、役職や資格によって大きく変わります

 

正看護師で部長や師長に昇進したり、資格を取得することで手当てがつくようになったりなど、大きく昇給するのはこの2通りの方法です。

また大きい病院や美容系クリニックに転職することで昇給することもあるので、看護師は目指そうと思えば高い年収を目指せます。

 

ちなみに看護師長になれば、だいたい年収は500万~650万円程です。

 

看護師の結婚年齢について

看護師はだいたいアラサーのうちに結婚を決める人が多いです。

女性ばかりの職場であるものの、看護師は男性から人気のある職業なので、看護師自ら出会いを探そうと思えばすぐに彼氏との出会いが見つかりやすくなっています

 

看護師は忙しい職業であるため、休みを使って街コンや婚活パーティーに参加することが難しいのですが、最近はマッチングアプリなど時間がなくても出会いを見つける方法が豊富です。

 

看護師は産休や育休をとっても、資格さえあればいつでも働ける仕事なので、結婚が早いことも珍しくありません。

 

もし看護師と結婚したいのであれば、25~35歳のうちに結婚相手を探すのがおすすめです。

 

 

看護師と結婚したい方はこちら

看護師と結婚したいのであれば、できるだけ早めに出会いを探した方が良いと言えるでしょう。

 

看護師は男性から人気のある職業であることから、結婚する女性が多いのも事実です。

 

ただ女性ばかりの職場であることから、学生時代に出会いを見つけられずに、相手に困っている看護師はたくさんいます。

 

周りに結婚している人が多い看護師は自ら出会いを探しに行くことも多く、婚活パーティーや結婚相談所など、様々な方法で看護師との出会いを探せますが、一番のおすすめはマッチングアプリです。

 

マッチングアプリなら3分程度で会員登録を終わらせて、すぐに職業で絞り込んでお相手の検索ができます。

看護師限定にお相手を絞れますので、出会いを見つけるのは簡単です。

 

ちなみにマッチングアプリは無料で始められます。

 

またマッチングアプリの中でもマッチドットコムなら恋愛や結婚を真剣に考えた会員が多く利用しており、看護師が利用しているのも事実です。

 

まずは無料会員でどんな看護師がいるのかチェックしてみるようおすすめします。

 

看護師との出会いが見つかるマッチドットコムの無料会員登録はこちら

この記事が気に入ったらフォローしよう

公式Twitterでは、人気記事の紹介、記事ネタの募集、出会いの相談まで承っています。ぜひフォローしてくださいね。

-看護師

Copyright© マッチングアプリを探すなら「スタートハント」 , 2020 All Rights Reserved.