ペアーズ

ペアーズにサクラはいる?安心・安全な出会いはあるの?

ペアーズにサクラはいる?

累計会員数が600万人を突破しているマッチングサービスであり、ペアーズで婚活している方はとても多いです。利用者数が多い分、年齢層も幅広いため、どの年代でも婚活することができます。さらに地方に住んでいる利用者でも、ある程度の人数が利用しているため、他のマッチングアプリ(婚活サイト)のように、人が少なくて婚活できないというデメリットがないのも魅力の1つとなっています。

しかし、利用者数が多くてもサクラが多いのでは安心して婚活することはできません。マッチングアプリはサクラがいると、成婚が難しくなりますので、サクラのいないマッチングアプリを利用することが大切です。

ただ結論から言いますと、ペアーズにサクラはいません。サクラからすると、ペアーズで活動する意味が無いためです。

今回はどうしてサクラがいないのかペアーズで安心して婚活するためにはどうしたらよいのかまとめてみました。

ペアーズの公式サイトはこちら

この記事を書いたマッチングアプリ専門家

中条あやみ

マッチングアプリの中の人を5年間経験し、あなたの婚活を応援する「スタートハント」を運営している婚活のプロ。マッチングアプリ運営の経験を元に婚活ユーザーとしても活動。雑誌「anan」他、多数に掲載された経験あり。スタートハントに掲載されているアプリで結婚させた人数は100人を超える。

ペアーズは定額制の婚活アプリのためサクラはいない

そもそもサクラとは「運営側が雇った悪質な利用者」のことを指します。ペアーズのような出会い系サービスの中には、サクラを雇うところも珍しくありません。

そのような出会い系サービスでは、雇ったサクラが一般の利用者になりすまして、出会う気もないのにメッセージのやりとりをすることで、利用者にお金を支払わせようとしています。

これはポイント制の出会い系サイトに使われるやり方で、メッセージの送受信にお金がかかるところは、運営がサクラを雇っているケースが多いです。

ポイント制の出会い系サイトだと、サクラが一般の利用者とやり取りをすればするほど、利用者がお金を使う仕組みになっています。相手に「もう少しで出会えそう」と思わせるメッセージをサクラが送ってくることから、被害に遭う人は少なくありません。

しかしペアーズは、ポイント制ではなく、定額制で運営しているマッチングアプリとなっています。ペアーズは契約した期間中はメッセージのやりとりは無制限です。いくらメッセージのやりとりをしてもお金が発生しないことから、サクラを雇うメリットがありません。

そのため、ペアーズのような定額制のマッチングアプリにサクラが居ることは考えにくいです。利用者からもサクラがいたという口コミは今まで発見されていません。

 

ペアーズにサクラはいないが業者はいる

ペアーズにはサクラがいないことは確実なのですが、業者と呼ばれる悪質な勧誘行為をしてくる利用者は少なからず発見されています。

「実際に会ってみたらビジネスの勧誘をされた...」

「LINEを交換したら音信不通になった...」

などの被害が起こっているのは事実です。

しかし、サクラと違って業者は運営とは関係ありません。運営からすると、業者がいるとサービスの信用度に関わってくるため、積極的に排除しようとしています。さらには、利用者が被害に遭いにくいように、サービスの仕組みをしっかり作り込んでいるため、安全に利用することは可能です。

ペアーズはあなたが気をつければ、被害に遭わないようにできています。

ペアーズを利用していて、業者を見抜くことができれば被害に遭う確率も大幅に下げることは可能です。これからペアーズで悪徳な業者を見分ける3つの方法を紹介します。

 

ペアーズにいる悪徳業者を見分ける3つの方法

Facebookの友達の人数が少ない

ペアーズはFacebookを利用して登録するマッチングアプリです。

そのため、ペアーズ利用者のプロフィールには「Facebook友達数」という項目があります。この項目を見て、友達数が少ないと思う相手には注意が必要です。

一般的にFacebookを利用している人であれば、少なくても友達は100人以上できます。そのため、友達数が「10人以上」や「50人以上」という相手には注意したほうが良いでしょう。

ペアーズに登録するためには友達が10人以上いるFacebookアカウントが必要です。ペアーズにいる業者は本名では登録しませんので、Facebookのアカウントを新しく作って登録します。そのため、100人以上も友達を追加せずに、最低限の10~50人ぐらい友達を追加してからペアーズを始めるケースが多いです。

ただ、友達数が少ない利用者の中には、Facebookのアカウントを持っていなくて、作ってすぐに利用を始めている人もいるのは事実です。警戒しすぎると一般の利用者まで切り捨てることになりますので、あくまで要警戒ぐらいに留めておくと良いでしょう。

 

LINEのIDやメールアドレスを聞きたがる

メッセージのやりとりが始まってすぐに、LINEやメールアドレスを聞いてくる利用者には注意が必要です。

業者の中にはLINEのアカウント情報やメールアドレスを回収する業者もいます。LINEのIDを聞いたらすぐに音信不通になるケースもありますので、マッチングし始めの頃はペアーズ上のメッセージでやり取りをしましょう。

「そろそろ有料会員が切れそうだからLINE交換しよ」

「なんかアプリが重いからLINEしない?」

「スマホの調子が悪いからメールやりとりしない?」

このように、業者は何かと理由をつけてLINEやメールアドレスを交換しようとしてきます

もしあなたとメッセージのやりとりを続けたいのであれば、追加でプランを購入しますし、ペアーズはPCからでもやりとりができますので、スマホの調子が悪いことは理由になりません

少しでも不自然さがある場合は、業者の可能性が高いです。気づいたときにはすぐに運営に通報してブロックすることを推奨します。特に連絡先を聞いてくるメッセージが2~4通目に来るのであれば、ほぼ間違いなく業者です。仮に一般人だったとしても、誠実な利用者ではないことが分かりますので、気にせずブロックしましょう。

 

途中で話が噛み合わなくなる

業者は多数の相手と同時にやり取りしているケースが多いです。業者からすると多数の人間にアプローチした中から、数人を引っ掛ければ満足ですので、あなた一人とやり取りをしている状況は考えにくいでしょう。

多数の相手と同時にアプローチしていると、相手も人間ですので、話が噛み合わないことがあります。例えば
あなた「最近の休日はどこに行きましたか?」
業者 「カフェでゆっくりするのが好きなんです。」

一見見逃してしまいそうな矛盾ですが、あなたは「休日はどこに行ったか」を聞いているのに、返ってきたのは普段の趣味の話です。確かに日常会話であれば、この会話のやり取りも不自然ではありません。

しかし、ペアーズは見ず知らずの人と出会いを求めてやりとりをしているのです。ましてや婚活をしているのであれば、一通一通のメッセージを真剣にやりとりします

意外とこういう些細なところは見逃してしまいがちです。実際はコミュニケーションが苦手な一般人かもしれません。しかし仮に一般人だったとしても、あなたに対する真剣味が感じられないのも事実です。このケースだと業者の可能性は50%くらいですが、結婚を真剣に考えているかどうかも分かります。ペアーズには結婚する気のない人も利用していますので、こういったメッセージのやり取りからも相手の意思を確認しましょう。

 

サクラのような悪徳業者から身を守る方法は?

前述した3つの業者の特徴を把握しておけば、実際に被害に遭う可能性はかなり低くなります。ペアーズを利用している人たちも、利用している内に見分けられるようになった方がほとんどです。そのため、ある程度注意できれば、充分に身を守ることができます。

これ以上に安全に利用したいのであれば、ペアーズ以外でやりとりをしなければ大丈夫です。

ある程度メッセージのやりとりをしていたら、LINEの交換をする人も多いですが、ペアーズ上でずっとやりとりをしていても何も問題ありません。ペアーズだけでのやりとりであれば、あなたの個人情報が漏れることはまずないでしょう。安全最優先で利用したい方はLINEを使わずに、ペアーズ上だけでやりとりすることをおすすめします。

 

実際に被害に遭うことは少ない

今回はサクラや業者などの、悪質な利用者の被害に遭わないためのポイントを紹介しましたが、実際に利用してみると、業者に出会わないことのほうが多いです。

一昔前のサクラしかいない出会い系サイトは運営がグルなので、取り締まる人はいませんが、ペアーズは運営が業者を取り締まっています。確かにまれに業者が現れるようですが、すぐにペアーズ運営がアカウント凍結の処置をとりますので、業者と出会わない方のほうが多いです。

サクラがいるマッチングアプリと違って、ペアーズは運営があなたを守ってくれますので、被害に遭う確率はあなたが思っているほど高くはないでしょう。

あなたが気をつければ、業者の被害に遭う可能性は低いです。ペアーズは出会いが見つかる良い場所ですので、最低限度の警戒をしながら婚活してみることをおすすめします。

 

ペアーズは万が一被害に遭った場合に最大10万円を保証

ペアーズは追加オプションであるプレミアムオプション(男性限定)やレディースオプション(女性限定)に加入すると、弁護士相談費用サポートを受けることができます。

弁護士相談費用サポートとは、ペアーズでマッチングした方と何かトラブルが発生した時に、解決するために必要な弁護士相談費用を最大10万円まで補償してくれるサービスです。

金銭トラブルやストーカー行為、暴力行為などのトラブルが発生した時に適用されます。

どうしても心配な方はこちらのオプションに入っておけば、万が一のときも安心できる婚活が可能です。追加オプションの料金は、毎月税込で約2,900円で加入できます。あまり弁護士相談費用サポート目的でオプションをつける方は居ませんが、どうしても不安な方は保険代だと思って利用すると良いかもしれません。

ちなみに追加オプションは、弁護士相談費用サポートだけでなく、送れるいいね!数が増えたり、検索結果の上位表示されたりするなどマッチング率の上がる特典がたくさんもらえますので損はしないです。

 

まとめ

ペアーズはサクラがいない、健全なマッチングアプリであることは間違いありません。利用者数も多く、どの年齢層でも婚活できることから多くの人に利用されています。公式サイトにも成婚したカップルの経験談が載せられていますので、そちらを一度見てみると良いかもしれません。

女性は完全無料で利用することができますし、男性も無料会員から利用を始める方も多いです。

また、無料会員でも基本的な機能は利用できる上に、マッチングするところまで体験できます。男性はマッチングしてから有料会員登録をしても遅くはありません。

無料会員でどこまで利用できるのかは別記事にまとめていますので、興味のある方は参考にしてみてください。基本的にメッセージのやり取り以外は無料会員でも利用可能です。
ペアーズの有料会員と無料会員の違いは?一番おすすめなプランは?

無料会員でも以西の顔写真とプロフィールをチェックすることはできますので、まずは試しに無料会員から利用を始めてみることをおすすめします。

ペアーズはこちらから会員登録が可能です。

Pairs(ペアーズ)にサクラがいるのか心配されているスタートハントを閲覧しているあなたへ。
彼氏彼女を見つけるためにはサクラのいないサービスに登録することが重要です。
スタートハントが独自に調査したサクラがいないマッチングアプリは、マッチドットコム・ゼクシィ恋結び・with(ウィズ)・ブライダルネット・タップル誕生・イヴイヴであり、これらのマッチングアプリではサクラがいません。
マッチングアプリを利用する方は20代(アラサー)・30代(アラフォー)の人たちが多く在籍しています。またシングルマザーやバツイチの方でも新しい出会いを見つけて辞めていく方もいます。
出会いの可能性を上げるためには、恋活アプリや婚活サイトに複数会員登録することが重要です。
まずはご紹介した無料で登録でき、そしてサクラのいないサービスに登録するのをオススメします。
自分に合った良い人と出会えるようにぜひスタートハントを活用してください。

この記事が気に入ったらフォローしよう

公式Twitterでは、人気記事の紹介、記事ネタの募集、出会いの相談まで承っています。ぜひフォローしてくださいね。

-ペアーズ

Copyright© マッチングアプリを探すなら「スタートハント」 , 2020 All Rights Reserved.